ミノキシジルの効果や副作用、服用方法(飲み方)や飲み合わせ、よくある質問などをわかりやすく解説しています。

ご不明点等はお気軽にお問合せ下さい

友だち追加
TELNO
ミノキシジルの
効果・副作用・服用方法

ミノキシジルの効果や副作用、服用方法(飲み方)や
飲み合わせ、よくある質問などをわかりやすく解説しています。

ミノキシジル

ミノキシジルとは、発毛・育毛の効果がある成分として有名です。

国内の市販薬ではリアップという育毛剤に含まれる成分になり、海外ではロゲインという先発薬から始まりました。
こちらは頭皮に直接塗布するタイプですが、錠剤タイプのミノキシジルも販売されており、先発薬がロニテンというお薬になります。
男性用と女性用でその適した成分量が変わってきます。

錠剤のミノキシジルはミノキシジルタブレット、略してミノタブと呼ばれているくらい有名なお薬になります。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは血管を広げて血流を促進させて、頭皮に栄養分を多く行き渡らせる事で、発毛・育毛の効果が得られます。
継続して使用する事で、産毛が生成されハリコシのある髪の毛が実感できるようになります。
更に髪の成長を促す毛乳頭細胞に作用し、ヘアサイクル(毛周期)を延長させる効果があります。

ミノキシジルの見た目と種類

ミノキシジルには服用する錠剤と、塗布する液体タイプとあります。
見た目に関しては、ミノキシジルタブレットは一般的な普通の錠剤です。
液体タイプはリアップに代表されるボトルに入った塗布する用の液体です。

ミノキシジルの特徴

ミノキシジルはもともと現在のファイザー社が高血圧の経口薬として開発し、その後、発毛効果がある事が見つかり、発毛剤として販売されるようになりました。

薄毛、脱毛症治療には2%のミノキシジル外用溶液ロゲインという商品で販売し始めました。
日本国内では5%までの濃度のミノキシジルは薬局で市販されていて購入が可能ですが、それ以上の高濃度のミノキシジルに関しては、市販で購入ができないので、病院やクリニックでの処方となります。

ミノキシジルを配合した内服薬、いわゆるミノキシジルタブレットは、ロニテンという名前の商品で販売されるようになりました。
ミノキシジルタブレットは国内販売は未認可になりますので、処方には医師との相談の上での使用が推奨されています。

ミノキシジルの用法・用量

ミノキシジル外用薬に関しては、主に1日2回朝と晩に適量を頭皮に塗布し、マッサージして揉みこみます。
洗髪後の場合はドライヤー等で頭皮を乾かしてから塗布するようにします。

ミノキシジル内服薬に関しては、1日1回1錠、水またはぬるま湯にて服用します。

血中濃度を保つ為に、なるべく決められた時間に服用するのが効果的です。

ミノキシジルの効果がでないときの理由

ミノキシジルで効果が出ない場合、外用薬を使用の際、汚れが残っている状態でミノキシジルを塗布していると成分が頭皮に浸透しづらくなりますので、
効果が出づらくなってしまいます。

ミノキシジルは発毛・育毛の成分ですが、AGAの進行具合がそれ以上に悪化している場合、抜け毛の速さが上回ってしまうと薄毛が進行してしまい、効果が出ていないように感じる可能性はあります。
フィナステリドなどの5α還元酵素阻害薬との併用が推奨されています。

ミノキシジルの注意事項

ミノキシジルは医薬品です。使用のしすぎは副作用を増大させますので、用法用量を守って使用しましょう。
内服薬に関しては1日最大10mgまでの服用と決められています。

ミノキシジルを服用してはいけない人

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
・未成年者
・妊娠・授乳中の方
・皮膚疾患や円形脱毛症などAGA以外の脱毛症の方

ミノキシジルの併用禁忌

・ED治療薬との併用
・イブプロフェンなどの風邪薬
・イミグランなどの片頭痛治療薬
・アルコール

併用注意薬

・65歳以上の高齢者の方
・心臓や腎臓に障害のある方
・円形脱毛症など壮年性脱毛症以外の方
・甲状腺機能低下症や亢進症などの甲状腺機能障害
・過去にミノキシジルを成分とする医薬品でアレルギー症状があった方
・むくみのある方
・家族、兄弟姉妹に壮年性脱毛症の人がいない方
・高血圧、または低血圧の方など

ミノキシジルの副作用

・めまい
・嘔吐
・動悸
・血圧低下など

ミノキシジルの作用機序

ミノキシジルが毛乳頭細胞を活発化させて、発毛・育毛を促進させます。
その作用により毛乳頭細胞の分裂が増加する事が確認されており、その結果ヘアサイクルを正常化する効果があるとされています。

ミノキシジルの作用時間

ミノキシジルは1日2回の継続使用で発毛効果を発揮します。

理想は12時間置いてから2回目の使用です。
朝起きてから1回、夜就寝前に2回目、というサイクルが理想です。

服用タイプも1日2回ですが、1日最大10mgまでとされています。

よくある質問

Q.ミノキシジルは内服タイプと外用薬とではどちらが効果がありますか?

A.基本的には内服タイプの方がムラなく成分が患部に行き渡るため、効果が高いとされています。

Q.ミノキシジルとバイアグラを併用したいのですが、可能でしょうか?

A.内服タイプですと、血管拡張作用が重複してしまうため、副作用の危険が倍増するため、禁止です。
バイアグラを使用する日はミノキシジルの服用を控える、もしくは、外用薬であれば頭皮のみに作用するのでバイアグラとの併用は可能になります。

Q.女性は内服タイプの使用は不可能ですか?

A.女性の方でも2mgであれば服用する事が可能です。しかし多毛症の副作用の可能性がありますので、体毛が生えてくるのでも問題ないという方であれば使用しても良いかと思われます。