ザガーロジェネリックの効果や副作用、服用方法(飲み方)や飲み合わせ、よくある質問などをわかりやすく解説しています。

ご不明点等はお気軽にお問合せ下さい

友だち追加
TELNO
ザガーロジェネリックの
効果・副作用・服用方法

ザガーロジェネリックの効果や副作用、服用方法(飲み方)や
飲み合わせ、よくある質問などをわかりやすく解説しています。

ザガーロジェネリック

プロペシアに続いて開発されたAGA治療薬の先発薬「ザガーロ」の後発品にあたるものです。
有効成分である「デュタステリド」など同量の同成分の薬剤ですので先発薬とは何一つ遜色ないお薬です。

ザガーロジェネリックの効果

有効成分:デュタステリドの働きによりAGAによる抜け毛を防止します。
プロペシアジェネリックの有効成分フィナステリド同様、男性ホルモン「テストステロン」と5α還元酵素が結びつくことでジヒドロテストステロンの生成を阻害。
フィナステリドは還元酵素2型のみに作用しますが、デュタステリドはⅡ型とⅠ型にも作用。
フィナステリドよりもしっかりとじっくりヘアサイクルを確実に正常値に戻す為、より効果的に抜毛の防止、そして健康なヘアサイクルへと生まれ変わります。

ザガーロジェネリックの特徴

ザガーロ先発医薬品は、グラクソ・スミスクライン株式会社(日本)から販売されました。
ザガーロジェネリック医薬品は、先発医薬品のザガーロと同成分「デュタステリド」が含有されているため効果は先発医薬品のザガーロと同等です。
先発医薬品のザガーロ(製薬会社:グラクソ・スミスクライン株式会社)の見た目は、薄い赤色で楕円形の錠剤になります。
ザガーロのジェネリック医薬品は、多くの製薬メーカーが製造しておりそれぞれ錠剤の形や色は異なります。

ザガーロジェネリックの用法・用量

ザガーロジェネリックは、用法・用量も先発医薬品ザガーロと同様です。
通常、1日1回1錠(0.5mg)をご自身で決められた定時に服用頂くことで、体内に作用効果を常に維持することができます。
血中濃度が常時高い状態であることは、毛母細胞に作用していることになるのでAGA改善が短期間で感じられることが出来ます。

ザガーロジェネリックの正しい服用方法

食事の影響は受けることはありません。
食前、食後どちらでも問題ございません。
アルコールとの忌諱関係はございませんが、ザガーロが分解されるのは肝臓です。
過度な飲酒に限らずともアルコールと服用する事で肝臓に負担がかかることは間違いありません。
すぐに体調変化が起こる事はありませんが、飲酒と服用のタイミングが重なってしまう事が気になってしまう方は、服用の時間をずらすことを推奨致します。
服用から2時間以上の間隔は空けて頂く事を推奨致します。

ザガーロジェネリックの効果があらわれるまで

上記で説明させていただいた様に、毎日定期的にしっかりと服用頂ければ、3ヶ月程で効果を実感頂くことができます。※効果の個人差がございます。
AGA薬は、服用を続けられる間、効果が持続致しますが、休薬などでAGA薬の服用をやめてしまうと1ヵ月程で効果が無くなり、元のAGA症状であるヘアサイクルに戻ります。

ザガーロジェネリックの注意事項

・献血

服用期間中の献血は行えません。
有効成分デュタステリドの効果により血中濃度が上がっている為、濃度が下がり正常値に戻るまでに6ヶ月以上の時間を要します。
デュタステリドはAGAを引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害するお薬です。
成人男性にとって厄介なDHTも男性胎児には正常な発育の為に必要な物質です。
仮にAGA治療薬を服用中の方が献血を行い、その血液を妊婦、又は授乳中の女性に輸血された場合、AGA薬の成分が母親を介し、男性胎児に行き渡ってしまい、DHT低下により男性胎児が正常な発育を阻害されてしまう可能性が考えられます。

・女性、子供は触れてはならない

女性や子供は決して服用しないでください。
また、カプセルから漏れた薬剤などにも、決して触れることのないようにお願い致します。
薬剤に触れると皮膚から有効成分が吸収されてしまいます。
男子胎児の生殖、妊娠している女性では器官等の発達に影響を及ぼす恐れがあります。
※もし触れてしまった場合、直ちに石鹸で水洗いをして下さい。

ザガーロジェネリックを服用してはいけない人

ザガーロは男性型脱毛症(AGA)の治療薬であり、成人男性のみが服用できます。
また、以下に該当される方は服用が出来ません。

・成分にアレルギーのある方

成分である「デュタステリド」、「フィナステリド」などの「5α-還元酵素阻害薬」と呼ばれる種類の薬に対してアレルギーを起こしたことのある方

・未成年の方

20歳未満の服用は安全性が確立されていません。
この薬剤は皮膚からも吸収されます。
幼児や乳児、新生児には触れさせないよう細心の注意を払ってください。
ご家庭に未成年のお子様がいらっしゃる方は保管場所の配慮をお願い致します。

・女性の方

女性への使用は安全性が確立されていません。
皮膚からも吸収される本薬は、妊娠または妊娠の可能性のある方、または授乳中の女性は触れることも禁忌です。
ご注意ください。

・肝機能障害をお持ちの方

薬剤の成分により血中濃度が上がるため服用が出来ませんが、肝機能障害の重症の度合いについては医療機関によって判断基準が様々です。
そのため、肝機能障害がある方は自己判断で服用せず、一度主治医に確認して頂きますようお願い致します。

ザガーロジェネリックの併用禁忌

ザガーロジェネリックに併用禁忌はありません。
服用の際の注意点はいくつかありますので、該当する方は必ず医師に相談の上、使用するようにしてください。

併用注意薬

※CYP3A4阻害薬
・プロテアーゼ阻害剤(リトナビル、インジナビル、ネルフィナビル、サキナビル)
・一部のマクロライド系抗生物質(クラリスロマイシン、テリスロマイシン、エリスロマイシン)
・アプレピタント(制吐剤)
・フルオキセチン
・一部のアゾール系抗真菌薬(ケトコナゾール、イトラコナゾール、フルコナゾール)
・ベルガモチン(グレープフルーツジュースの成分のひとつ)
・ネファゾドン(抗うつ薬)
・ヴァレリアン
・シメチジン(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)
・ブプレノルフィン(鎮痛剤)
・カフェストール(フィルター前のコーヒーの含有成分)
・クロラムフェニコール(抗生物質)
・オルフェナドリン
・一部のカルシウム拮抗剤(ベラパミル、ジルチアゼム)

ザガーロジェネリックの副作用

主な症状
・勃起不全や射精障害、性欲衰退などの性機能不全
・発疹
・頭痛
・抑うつ
・乳房の女性化や痛みなど、乳房に関わる障害
・腹部の不快感
不特定数でみられる症状
・アレルギー反応
・発疹や湿疹のないかゆみ
・脱毛症
・多毛症
・肝機能障害
・下痢
・むくみ
・めまい
・倦怠感
・味覚異常
・腹痛
・黄疸
・蕁麻疹

ザガーロジェネリックの作用機序

(AGA:Androgenetic Alopecia)とは、男性型脱毛のこと。若年性の男性で髪の毛が薄くなった状態を言います。
思春期以降に、おでこの生え際(前頭部)や頭頂部の髪の毛が薄くなってきます。
以下のような症状が当てはまる場合、AGAの可能性があります。
・おでこの生え際(前頭部)や前頭部の髪の毛が細くなってきた
・抜け毛が最近増えてきた
・生え際(おでこ)などがが広くなってきた
・髪を掻き上げた時、頭頂部辺りの触り心地が以前より手櫛に抵抗を感じない。
このようなAGAの発症には、男性ホルモンの「テストステロン」と5α-還元酵素が結合し生成されたDHT「ジヒドロテストステロン」が関与しています。
AGAの原因はDHTだけではございません。遺伝的要因や環境要因などが原因で発症することも十分に関係していると考えられます。
ザガーロ(ジェネリック)はプロペシアとほぼ同じで、5α-還元酵素の阻害にあります。
しかし、ザガーロ(ジェネリック)は、このテストステロンからDHTの変換に関与している1型と2型、両型の5α-還元酵素を共に阻害することできるので、より一層DHTの生成を低下させ抜毛を抑制することが出来るのでプロペシア以上の改善が見込めます。
DHTの生成を減少することで毛母細胞の増殖が元に戻り、成長期が延長。つまりはヘアサイクルを正常に戻して健康な毛母細胞へと改善します。
その結果、AGAの症状進行を抑制できるということです。

ザガーロジェネリックの作用時間

デュタステリドの作用時間は大変長く、半減期(薬品成分が血液に溶け込む血中濃度が半分になるまでの時間)まで約2週間程あるという報告がされています。
その点、フィナステリドの半減期は約6~8時間とされています。
以上の事から、デュタステリドの服用を継続的に続けることで血中濃度の抑制濃度がフィナステリドよりも、より一定に保たれる為、DHT(ジヒドロテストステロン)を長時間阻害し続けることが可能となります。

よくある質問

Q.ザガーロジェネリックを処方してもらうためには、保険証の提示が必要となりますか。

A.自由診療になり保険適用外となるため「医療費のお知らせ」などの通知が無いので誰かに知られることもありません。
保険が適用されないと全額負担になり、経済的な負担になるとお考えの方も多いですが、ザガーロジェネリックだと1ヶ月1,980円から購入することが出来ます。

Q.ザガーロジェネリックを2錠服用してもよいのでしょうか。

A.副作用のリスクが高まるため、1日の服用で1回以上の服用はでません。
また、錠数や成分を多くとれば早く効果が得られるようなものでもありません。
1日1回1錠となります。

Q.ザガーロジェネリックを服用し副作用が出た場合、又は副作用なのか分からない場合は服用をやめた方が良いですか?

A.ザガーロジェネリックを服用の際、副作用又は違和感を感じた場合は必ず医師にご相談ください。
服用の継続に関しましても医師にご相談の上行ってください。