早漏防止薬【経口薬・スプレー・軟膏】のメリット・デメリットを比較

早漏セルフ診断はこちら

前川クリニックで取り扱いの早漏改善薬は、プリリジー(ダポキセチン)のジェネリック薬になります。
ですが、早漏防止になる薬(内服・外用薬)は多様にございます。 飲むタイプの経口薬・陰部に直接かけるスプレータイプ・陰部に直接塗る軟膏(クリーム)タイプ それぞれの特徴などを分類してご説明いたします。

経口型早漏防止薬

プリリジー(ダポキセチン)

こちらは当院で取り扱いのある早漏防止薬です。
世界初の経口型の早漏改善薬として、2009年に開発され、世界では50ヶ国で販売、承認されていますが、日本では未承認薬となるため、公的医療保険の適用外となり、使用する場合は患者の自己負担になります。
もともと抗うつ剤として利用されていたSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)で、脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが減少することを防ぎ、射精するまでの時間を遅らせる効果があります。
経口薬なので比較的使用しやすく、副作用が少ないのがこのダポキセチンです。

早漏関連記事

ダポキセチンの効果とは

プリリジーの特徴

使用回数
1回/1錠
内容量
1錠
価格(費用)
1,500円~3,000円台

メリット

・手軽に持ち運びができる
・経口薬なので簡単に服用が出来る
・ED治療薬と併用が出来る
・効果時間3時間~5時間と長時間有効

デメリット

・日本では未承認薬のため保険適用外となり全て自己負担で外用薬と比較すると割高
・処方薬なので日本では病院やクリニックでしか入手できない
・個人輸入代行を利用する場合偽薬などの危険性がある

スプレータイプ

リドカインなど

クリニックでも処方されるVPMAXスプレーが有名で、その他類似商品がAmazonや個人輸入代行で購入が可能です。
スプレータイプなので患部(陰部)に直接吹きかけます。 吹きかけてから30分~3時間程継続されます。(商品によって異なります)
有効成分のリドカインはさまざまな医薬品で用いられる成分です。
OTC(オーバー・ザ・カウンター)薬剤師のいるドラッグストアなどで購入する医薬品ではフェミニーナ軟膏(女性用陰部のかゆみ止め)・メンソレータム軟膏(肌のかゆみ止め)・ボラギノール(痔の痛み止め)など身近なものによく用いられます。 また、手術時の麻酔薬にも利用されます。

リドカインの特徴

使用回数
2プッシュ~3プッシュ/10回~15回使用
内容量
10ml
価格(費用)
3,500円~5,000円

メリット

・通販でも購入が出来るため比較的入手しやすい
・安価で手軽に使用できる
・軽度の早漏患者が利用しやすい
・即効性がある

デメリット

・持ち歩くのに嵩張る(かさば)
・直接患部(陰部)に吹きかけるためオーラルセックス時パートナーが苦みを感じ口内が麻痺する
・有効時間が短いためタイミングを間違えると再度吹きかけなくてはならない
・即効性があるが、吹きかけ直後は相手の陰部も麻痺してしまう可能性がある

軟膏(クリームタイプ)

トノスなど

第一類医薬品でクリーム状の早漏防止薬があります。
数多くの製薬会社から発売されていますが大東製薬工業株式会社から男性ホルモン軟膏剤『トノス』などがあります。
その他楽天、Amazonなどでも早漏防止のクリーム薬の購入が出来ます。 使い方はスプレータイプと同様、患部(陰部)に直接塗布します。

トノスの特徴

使用回数
0.1g/20回~30回使用
内容量
3g前後
価格(費用)
3,500円~5,000円

メリット

・通販でも購入が出来るため比較的入手しやすい
・安価で手軽に使用できる
・軽度の早漏患者でも利用しやすい
・即効性がある

デメリット

・持ち歩くのに嵩張る(かさば)
・直接患部(陰部)に塗布するため、オーラルセックスができない。(構内に入ると苦み・痺れを感じる)
・有効時間が短いためタイミングを間違えると再度吹きかけなくてはならない
・即効性があるが、塗布直後は相手の陰部に付着し、麻痺してしまう可能性がある

症状や用途に合わせて使用

早漏と一言で言ってもその症状の大きさは人それぞれです。 治療薬にはそれぞれ成分量があります。
例えば当院取り扱いのダポキセチンは30mgと60mgがあります。 軽度の早漏患者様が60mgを利用した場合、成分効果が強すぎて、射精ができない場合がございます。
スプレータイプや軟膏タイプでも同じことです。 スプレー、軟膏(クリーム)の含有量は決められていますが、大量に塗布してしまうことで射精できない可能性が考えられます。