ミノキシジルの効果や副作用、服用方法(飲み方)や飲み合わせ、よくある質問などをわかりやすく解説しています。

ご不明点等はお気軽にお問合せ下さい

友だち追加
TELNO
AGAとはなにか
症状・原因・改善点

AGAの症状や原因、すぐにでも改善できる生活習慣など、
AGAとはそもそも何かという観点でわかりやすくまとめています。

AGAとは

Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。通称:AGA
AGAは成人男性に多くみられる薄毛、脱毛症です。
思春期以降に額や頭頂部の髪が薄くなります。薄毛、脱毛で悩まれてる男性のほとんどがこのAGAに当てはまると言われています。
脱毛が目立ち薄毛になる主な原因は“遺伝”とも言われています。
他には、男性ホルモンに起因して発症する事や、生活習慣などAGAに関わる要因は様々ございます。
AGAにも様々な薄毛の形があります。

・額の生え際から薄くなるM字型脱毛症
・頭頂部から円を描くように脱毛し薄毛になるO型脱毛症
・額と頭頂部両方から薄毛になるU字型脱毛症

AGAは"突発性”のあるものではなく“進行性”の症状なのでゆっくり時間をかけて薄毛になっていくのが特徴です。
“何となく”で始まり、気づいた頃には“薄くなっている”状態になっています。
早期に気づくことはとても困難な為、"早期対策”を行う事で、将来が不安にならずに迎えられます。
AGAを発症した場合は何らかの治療を施さない限り、薄毛の進行を食い止めることは出来ない為、早急な治療を受ける事が推奨されています。
2019年(新型コロナ前)のAGA調査報告で、AGAに悩まされてる方はなんと1260万人。
日本人口の約5人/1人の割合がAGAに悩まれていることになります。
そして、AGA患者の中で、なんらかの形で対処を行っている方は670万人。
実に半数以上のAGA患者の方が治療されています。
日本のAGA患者数は、世界で14位、アジアではなんと1位という調査報告があります。
このようなデータから、日本は薄毛人口の多い国ということが分かります。
以前ならかつらや植毛などが薄毛対策の主流でしたが、今は髪を“自然に生やす”時代です。
毛髪を蘇らせるということではなく、今生きている毛乳頭のヘアサイクルをしっかりと循環させ、根強い腰のある毛髪へと生まれ変わり、髪の毛1本1本の寿命を長くさせることで長く抜けずに髪の毛が留まります。
AGA(男性型薄毛脱毛症)の改善に必要な3つの薬剤がございます。

AGA症状

AGAの症状は前頭部や頭頂部などの毛髪が産毛になったり、毛髪が細くなり、額の生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなってしまう事がAGAの主な症状になります。
こういった症状は、思春期以降に脱毛が気になり始めます。
AGAは進行型の症状です。
放置するとAGAの進行は進み続けます。
その他の脱毛症なら、円形脱毛症であれば局所的な脱毛が見られます。
女性の薄毛の原因であるびまん性脱毛症は、頭髪全体に脱毛が起き、髪質の変化などが起こりやすくなります。
薄毛の原因は多数あり、その原因一つ一つに有効な治療法、対策法は異なります。
円形脱毛症の様な、目視でわかる症状は原因を特定することは容易なことですが、AGAの症状はいくつもの原因が重なりおこる進行型の症状です。
専門医が診断から原因を特定することは困難です。
複数の可能性がある原因に対して、いくつものアプローチをする必要があります。
では、AGAの症状について、いくつかご説明いたします。
・抜け毛が見てわかる程に増えた
健康な方でも1日を通して100本程は抜けます。
まとまって抜けるわけではないので気づきにくいですが、抜け毛の本数が1日150本~200本と通常の2倍、3倍抜けてくると目に見えてわかるようになります。
又は、浴槽の排水溝に毛が溜まりやすくなった、まくらや寝具の周りに抜け毛が多く見られるなど抜け毛の増加が認識できます

・フケが増えた
フケの増加は頭皮環境の乱れの可能性が高いです。
フケは頭皮の角質が剥がれたものです。
乾燥している頭皮はフケが増え、多少の刺激でも炎症が出来るほど弱体化して、結果抜け毛が増えます。

・頭皮の赤み、痒み
炎症による症状です。毛穴に炎症が起こると抜け毛が増加傾向になります。
広範囲にわたって炎症が起こると、それだけ多くの脱毛があらわれ薄毛になります。
頭皮の赤みや痒みは決して放置せず、すぐに医療機関を受診することをお薦め致します。

・ヘアスタイルがまとまりにくい
AGAになると、髪が“軟毛”になり毛髪が細く、柔らかく、弱々しくなります。
そのため、ヘアワックスなどの整髪料を使用しても髪の毛がまとまらなくなり、スタイリングができなくなります。
ただし、冬の乾燥した時期でも起こりやすいため、判断しにくい症状です。
また、夏から秋にかけて抜け毛が増加する時期になります。

・頭皮が硬くなった 頭皮が硬くなると血行が悪くなり、栄養の供給が低下しAGAになるといわれていますが、その因果関係は証明されておらず、立証はされておりませんが、頭皮が硬いことと、AGAが無関係という証明もされていません。
柔らかい頭皮であることは悪い事ではないので、硬くなったと感じるようであれば、注意しておくと良いでしょう。

このようにAGAには、いくつもの原因がございます。
いくつも当てはまる方は要注意です。早急なAGA治療をお薦め致します。

オンライン診療はコチラから

続いてAGAの前兆をご紹介いたします。
特定の部位に注目してみてください。正確にご確認いただくようにお願い致します。

・抜け毛の毛根
抜けた髪の毛の毛根を確認してください。
毛根が膨らんでいれば正常なヘアサイクルが行われていますので、自然な抜け毛だと考えられます。
逆に膨らんでいない毛根の場合、乱れたヘアサイクル状態であり何かしらの異常が起きていると考えられます。
生活リズムの乱れや栄養不足が考えられます。

・頭皮環境
頭皮の赤みや痒み、カサつきがないか確認しましょう。
頭皮環境の乱れは、健康で十分な髪が成長しない為、その状態が続くと、AGAが進行して、頭皮がむき出しになってきます。
鏡や、家族などに前頭部、頭頂部、側頭部、後頭部すべての頭皮を確認してもらいましょう。

・前頭部の生え際
以前と現在の生え際を比べてどれくらい後退しているか確認をしてみましょう。
指3本程の額の広さが今では4本くらいになったなど、明らかな後退はAGAの進行が見られたらAGAを疑いましょう。
比較的正面から額を見ることは日常多いと思います。
そのため前頭部の後退はなかなか気づきにくいものです。
普段から定期的に額の広さをチェックしておくとよいでしょう。

・毛髪の状態
栄養が行き渡って、毛髪にハリ、コシがしっかりとあるか確認しましょう。
AGA症状の見られる不健康な髪は、細々とコシがなく、柔らかく弱々しい髪質になります。
十分な栄養が行き渡らず、成長途中で髪が脱毛してしまいます。
乱れたヘアサイクルが続くとあっという間にAGAが進行します。

・寝起きの寝癖
最近の寝癖を確認しましょう。
毛髪のボリュームが失われると寝癖がつきにくくなります。
寝癖がつく髪の毛にしっかりとしたハリ、コシ、太さが必要です。
以前、寝癖がついていた髪に寝癖がつかなくなったらハリ、コシ、太さが失われ、ボリュームが少なくなってる可能性があります。
AGAの進行を視野に入れ、治療することをお薦めします。

ここまでAGAの症状や前兆についてご説明をしてまいりました。
では、何故AGAになってしまうのか。前述でもご説明した通り、AGAは緩やかに進行していきます。
きちんとした原因を追究し、解明して初期段階で進行を抑えることが重要となります。

AGAと思った方へ抜け毛、薄毛対策のご紹介

ご紹介させて頂く対策内容はあくまで、「抜け毛や薄毛の進行を遅らせる」「症状の軽減」する内容であり、「根本的な解決」には専門医の治療が必要なことをあらかじめご承知ください。

●生活習慣の改善●
生活習慣の改善はとても当たり前なことかもしれませんが、生活習慣の整えることが一番のAGA改善につながり、何より大切なことです。。
偏った食事は栄養不足になり、髪の毛に十分な栄養が行き渡りません。
髪の毛は人間の中でも栄養が回ってくる優先順位が最も低いのです。
暴飲暴食の様な食生活の乱れは内臓に多大なダメージがあるため、内臓修復に栄養を取られてしまい、AGAの原因の一つに繋がります。

~毛髪のよい栄養~
・蛋白質・
肉(特に鶏)、魚、卵、大豆や根菜などに多く含まれる蛋白質。
不足すると“軟毛”の原因になります。
・ミネラル(亜鉛)・
ミネラルは体内へ栄養を運ぶ働きがあります。
何よりもストレスなどで感じるイライラなどの抑制する為、抜け毛・薄毛の対策になります。
・ビタミン・
「毛髪の成長」「代謝の促進作用」「血流のの最良化」といった髪の毛には欠かせない栄養素です。
しかし、ビタミンの過剰摂取は、逆効果により薄毛が進行する可能性があります。
・コラーゲン・
“毛包幹細胞”と言われる細胞が頭皮にはあり、これが髪の毛のもととなる細胞になります。
この“毛包幹細胞”を保護する役目があります。
コラーゲンの不足は“毛包幹細胞”が頭皮の表面へ押し出され、毛穴が小さくなり、毛髪が細くなり抜け毛の原因になります。
・イソフラボン・
内臓脂肪から分泌される“悪玉ホルモン”の活性化により体内の血行が悪くなります。
血行が悪いと栄養も回りにくく薄毛の原因になります。
イソフラボンはこの“悪玉ホルモン”を抑制する働きをもち、エストロゲン(女性の卵胞ホルモン)に分子構造がよく似ており、コラーゲン合成のサポートも担います。
・シスチン・
頭皮環境の改善につながる為、薄毛・抜け毛の抑制に効果があります。
髪の毛を構成する蛋白質を“硬質ケラチン”と呼び、“硬質ケラチン”を生成する際に悲痛用となるのがこのシスチンです。
・メチオニン・
アミノ酸の一種で蛋白質の原料でもあります。
シスチン同様“硬質ケラチン”を生成する役割を果たします。
メチオニンは食べ物やサプリメントなど外からしか摂取する事しかできません。

以上の栄養を取り入れる為に
肉・卵・牡蠣・納豆・ナッツ・野菜・豆乳・乳製品・緑茶・コーヒー
といった飲食をされると良いでしょう。
しかし、これはあくまで一部をご紹介したまでであり、その他バランスの良い摂取をされる事。
そして、過剰な摂取は身体や頭皮に支障をきたす可能性がありますのでご注意ください。

短い睡眠時間もAGAに繋がる要因のひとつです。
睡眠は、“レム睡眠”“ノンレム睡眠”という2つの睡眠によって構成されています。
“レム睡眠”は浅い眠りの状態で、脳内の記憶データや感情の生理を行い、記憶内にある情報の定着・消去といった精査を行います。
ノンレム睡眠は、深い眠りの状態で、主に人間の身体・脳細胞の回復をする周期です。
心拍数が安定しているので“リラックス”状態であることを意味します。
肌、・毛髪の成長に必要な“成長ホルモン”はこのノンレム睡眠(入眠直後)に分泌されます。
脳は覚醒状態にあり、睡眠中にも関わらず、眼球が動いたり夢を見るといった環境もこの時間に起こっています。
その他、身体の成長や発育・脳の休息・肌のターンオーバーを活性・新陳代謝アップなども見込めます。
睡眠の1周期サイクルは、『ノンレム睡眠が60~80分』『レム睡眠が10~30分』合わせて90~120分をという構成になっており、1度の睡眠でこのサイクルが3回~5回繰り返されます。
一番睡眠が深くなるのが、最初の2サイクルの「3時間」です。
入眠後「3時間」が成長ホルモンの分泌がピークになり、その後全身に行き渡ります。
この最初の「3時間」の睡眠の質が頭皮・髪の毛の健康を大きく左右する時間と言えるでしょう。

育毛に際して成長ホルモンが髪に良いとされいる理由とは
成長ホルモンが分泌されるとIGF-1(インスリン様成長因子1)と言われる物質が生成されます。
IGF-1(インスリン様成長因子1)とはインスリン(膵臓のβ細胞で産生されるペプチドホルモン)に類似した分子構造を持つホルモンです。

・血行改善
・抗炎症作用
・毛母細胞の増殖を促進
・髪のタンパク質量の増加

こちらはIGF-1による体内での働きです。
太くて長い健康な育毛、健やかな頭皮環境を作り出すにあたり欠かせないものなのです。
つまり、健康な毛髪や頭皮環境を持続させいつまでも薄毛に悩まされない為には必要不可欠な物質であること。
そして、そのIGF-1は成長ホルモンなくしては生まれない物質であること。
前述でもご説明したように、成長ホルモンの分泌には入眠後から3時間の間の良質な睡眠が必要となるのです。

・成長ホルモンが分泌されやすい夜10時~深夜2時と言われる記述について・
夜10時~深夜2時の3時間は成長ホルモンが生成されやすいと言われていますが、このような説に対して学術、化学的根拠は証明されておりません。
成長ホルモンは“良質”な睡眠されとれていれば、何時であろうと入眠後から3時間の間で成長ホルモンは分泌されます。
しかし、生活リズムの乱れは“良質な睡眠”とは言えません。
一定の生活リズムを過ごされていなければ“良質な睡眠”は得られません。
夜更かしなどは成長ホルモンの分泌量に影響を及ぼすでしょう。

成長ホルモンの分泌量を増やす為の“良質な睡眠”をご紹介いたします。

・入浴は就寝する2時間以上前には済ませましょう。
入浴は、就寝する2時間前に済ませておくと、スムーズに眠りにつきやすくなります。
体内深部の温度を下げるためと言われています。
ヒトの身体は、体内深部の温度が低下すると“眠気”が起きるようにできています。
入浴前と入浴後の体温変化で自然な眠気を誘発するには、湯船に浸かることが良いでしょう。
湯船に浸かることで身体の深部まで温まる上、リラックス状態になることで就寝時、自然な入眠により“最良の睡眠”を得られます。
・寝る前の電子機器を見るのをやめる
こちらも就寝2時間以上前を目安にしましょう
携帯電話やPC、テレビから発せられる“ブルーライト”が“メラトニン”というホルモンに影響します。
メラトニンは脳内の“松果体”と呼ばれる小さな内分泌器で分泌される“睡眠ホルモン”と呼ばれる物質です。
メラトニンは目覚めてから14~16時間経過すると体内時計からの指令により分泌が始まります。
メラトニンの分泌は主に光によって調節されています。
その為、就寝前に電子機器の画面を見ることで、寝つきが悪くなり、体内時計が狂ってしまい睡眠時間が乱れます。
メラトニンには、副交感神経を優位にし、休息に適した状態に整える働きがありますが、“ブルーライト”の明るい光は脳を活性化し、メラトニンの分泌量を抑制します。
明るくないと寝れない方は、暖色系の間接照明などで10ルクス(Lux)~20ルクス(Lux)の明るさには安眠効果がもたらすと言われています。

・睡眠時間を90分単位でとる
目覚める時、「良い目覚め」と「悪い目覚め」を体験したことがあると思います。
「悪い目覚め」を起こしてしまうのには睡眠サイクルにありあます。
前述でもご説明した様に、睡眠の1サイクルは、90分単位です。
通常1度の睡眠で、1セット約90分のノンレム睡眠とレム睡眠のサイクルが3~5回繰り返されます。
レム睡眠は、浅い眠りの周期です。
睡眠中であるものの脳は覚醒状態なので、すっきりと目覚めの良い朝が迎えられます。
一方、ノンレム睡眠は、深い眠り状態な為、ノンレム睡眠で目覚めると、脳が活動に切り替わるまでに時間を要する為、頭がぼーっとして、寝ぼけた状態が続きます。
目覚めの良い“良質な睡眠”を得るために、6~7時間半後に起床されると、良質で目覚めの良い睡眠につながると言えます。

過度なストレスなど抜け毛や薄毛には様々な要因があります。
生活習慣を見直し、健康的な生活を送ることで抜け毛や薄毛対策を行うことができます。
少しでも抜け毛や薄毛の進行を遅らせるためにも、栄養素を重視して食事したり、夜更かしをしないなどの細かい生活習慣を見直しましょう。
AGA治療には、長期の治療期間と治療費の負担が必要となります。
仕事などで月に1度のペースの「通院時間」や金銭的に投薬治療が難しい方も中にはいることでしょう。
普段から生活の見直しをされることで、頭皮の改善に向かいます。
そして、AGAを初期症状で治療を始めることで薬に頼らず治療費の負担が抑えられます。
当院は、そんな患者様の為に「オンライン診療」を推奨しております。
通院する上での、交通費や、時間の負担がなく、治療薬の費用も大変お安いので、継続しやすい価格となっております。
不安はAGAを誘発します。
当院は、患者様のお悩み解決に全力で務めさせていただきます。

AGAの原因

AGAとは、男性ホルモンの“テストステロン”と頭皮に多く存在する“5α-リダクターゼ”という還元酵素が結合されることで生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変換され、頭皮の毛穴にある毛乳頭の受容体(外界、体内からの何らかの刺激を受け取り、情報(感覚)として利用できるように変換する仕組みを持った構造のこと)に結合するとヘアサイクルが乱れ、通常のサイクルよりも短縮され、数ヶ月~2年以内に成長が止まって脱毛が起きます。
DHT(ジヒドロテストステロン)によって影響された毛根は、ヘアサイクルが短縮され補足、短く、抜けやすい髪の毛となり、脱毛し薄毛を促してしまうのです。

AGAの原因には様々な可能性が考えられます。
主な原因では、
・遺伝、男性ホルモンによるもの。
・頭皮の異常
・乱れた生活リズムや偏った食事など生活習慣。

こちらではAGAの原因の大半を占める上記の3点についてご説明いたします。
原因を解明することはAGA症状の減弱に繋がります。
思い当たる方は改善に向けて治療を行う事をお薦め致します。
AGAは初期症状であれば簡単な治療で改善が見込めます。
・遺伝と男性ホルモンの影響
AGAの主な原因が“遺伝”と“男性ホルモン”の影響によるものです。
AGAの原因となる生成型男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が多く存在するのが、前頭部の額付近と頭頂部です。
このDHTの働きによってヘアサイクルが乱れ、毛髪が成長の途中で抜け落ちてしまい、抜け毛の増加により薄毛の原因となることが解明されています。
遺伝によるAGAはこのDHTが、前頭部、頭頂部に多く見られ、更に発症しやすいとされています。
ヘアサイクルの乱れは、成長期から休止期までの1周期を早めます。
新しく生えてきた毛髪が、太くコシ、ハリのある十分な成長をする前に抜け落ちてしまい細く柔らかい“軟毛”ばかりが頭皮に残ってしまい、結果M字、O型薄毛となります。
男性ホルモン、遺伝の問題はAGA発症後は放置しても緩和されたり、完治することは決してございません。
だからといって諦めてしまってはAGAの進行が重症化していきます。
AGAを感じたらすぐに進行対策を施しましょう。
まずは、専門医へ受診することをお薦め致します。
初期段階で治療を行う事で、重症化を防ぎ、進行を確実に遅らせることが出来ます。
AGAも他の病気同様、内服薬で治療を行うことが出来ます。
AGAの早期治療は何年、何十年という期間、薄毛に悩まされなくて済むことが可能です。
気になることは小さなことでも結構です。当院に是非ご相談下さい。

・頭皮の異常
頭皮に赤みや痒み、フケ、炎症、荒れなどの症状は頭皮に何らかの異常が見えられる証拠です。
この様な異常症状が起こる原因は様々ですが、髪の毛が成長するために必要な栄養分は、毛細血管を通って送られますが、その毛細血管に”循環不良”が起こっている可能性があります。
“循環不良”が起こると十分な栄養分が行き渡らずに髪の毛が抜けやすくなることが考えられます。
また、硬くなった頭皮では、血行が悪くなり様々な支障をきたします、

・頭痛、肩や首が凝る
・毛が抜ける、白髪になる
・顔が老ける
・目が疲れやすくなる

頭皮の荒れや炎症については、頭皮表面に皮脂が過剰分泌されることで、毛穴が詰まったり、炎症を起こしたりと、結果毛髪の原因に繋がります。
頭皮の乾燥や紫外線(UV)を受けることで頭皮にダメージを与え悪影響を及ぼします。
その他、頭の生え際など、皮脂の分泌が盛んな部位にできる湿疹で、患部は赤みがあり、やや黄色味を帯びた湿り気があるフケ、または乾燥したうろこ状のフケが出る脂漏性皮膚炎という症状があります。
頭皮だけに起こる症状ではありませんがこのような症状が出た際は、早急な改善が必要とされます。

・生活習慣の乱れが与える抜け毛・脱毛
生活習慣の乱れは、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を助長し5α-リダクターゼが多く存在する、前頭部、頭頂部のヘアサイクルがミニマム化され、正常値に比べて4年~5年以上短い周期で毛髪の生え変わりが起きます。
一生のうちで頭皮の毛穴がサイクルされる回数が15回~40回と言われているサイクルの一生が、あっという間に終了を迎え、二度と髪の毛が生えません。

・偏った食生活
・暴飲暴食
・強いストレスを日々感じている
・安定しない就寝時間と睡眠時間
・頭皮の劣悪な環境が長時間続く

以上の様な生活リズムは、毛細血管の血行を悪くし、悪循環が続き、充分な栄養が頭皮で循環しません。
偏った食生活により毛根に必要な栄養を摂取できない。
暴飲暴食によって皮脂の過剰分泌が起き、毛穴詰まることで抜け毛が増加。
日々の強いストレスによりホルモンバランスが崩れることで皮脂の分泌量が増加、頭皮環境に悪影響を及ぼします。
十分な睡眠時間が取れないことで“良質な睡眠”が取れず成長ホルモンの分泌量減少、毛髪が十分に育毛しません。
ヘアワックス(整髪料)を使用した髪の毛で長時間放置すると、毛穴がつまり、毛細血管の循環も悪くなります。

こちらはAGAになる要因のごく一部です。
こういった生活習慣の改善を行うことでAGAの進行を遅らせることできます。
そこにAGA治療薬で治療を行う事でいつまでも若々しく、健康で健やかな毛髪が生え続きます。

ヘアサイクルの仕組み

髪の毛は、生えてから抜けるまでの1周期を“ヘアサイクル”と言います。
1サイクルは成長期→退行期→休止期の3つの構成でできています。
正常時のヘアサイクルであるなら2年~6年の周期で1サイクルとなりますが、AGAを患った乱れたヘアサイクルでは数ヶ月~2年以内という短い周期で1サイクルを終えます。
一生の内で毛母細胞によって生え変わる回数には限りがあります。
個人差はございますが15~40回程とと言われています。
では、正常時のヘアサイクルとAGA時の乱れたヘアサイクルではどのように、何が異なるのかご説明いたします。

・正常ヘアサイクル
■成長期[2年~6年]頭皮全体に生え渡る髪の毛の約80%~90%がこの段階に該当します。
呼び名の通り髪の毛が成長する(段階)時期を言います。
この時期は“毛母細胞”が活発に働き、分裂を繰り返して髪の毛の生成がされます。
頭皮全体に生え渡る髪の毛の80%~90%がこの時期に成長します。
成長期には3段階ございます。
[成長期1段階目]
髪が生える最初の段階になります。
今まで生えていた髪が根元から抜け始めると同時に、毛根の奥で毛母細胞の分裂が始まり新しい髪の毛の製造に入ります。
[成長期2段階目]
毛母細胞の分裂により新しい髪が成長して表面に出ようと、それまでの髪の毛を押し出そうとします。
この段階で、今まで生えていたいわば古い髪は簡単に抜けます。
シャンプー時やブラッシングをしていると髪が抜けることがありますが、それはこの段階に入っている髪の毛と言えるでしょう
[成長期3段階目]
この段階で生えてくる真新しい髪の毛が成長し時間の経過とともに長く太い髪の毛と成長していく段階です。

この3段階の成長期は、正常時であれば男性なら2年~5年以上、女性なら3.4年~6年育っていくと言われています。
■退行期[2週間~3週間]頭皮全体に生え渡る髪の毛の約1%がこの段階に該当します。
毛母細胞の分裂が減少して、髪の毛の成長がしなくなる段階となります。
毛母細胞の分裂が止まり髪の毛の成長が止まるまで2週間~3週間程かかります。

■休止期[2~3ヵ月]頭皮全体に生え渡る髪の毛の約10%~20%がこの段階に該当します。
退行期を迎え終わった髪の毛は、完全に毛母細胞の分裂が停止し、休止期に入り脱毛が始まります。
この時期に入った髪の毛は頭皮表面へと徐々に上がってやがて抜けてきます。
2ヶ月~3ヵ月に渡りこの状態が続き、毛根の奥では新しい髪の毛の製造が始まります。

・AGAヘアサイクル
■成長期
AGAになったヘアサイクルの成長期は正常時に比べて格段に短くなります。
そのため、髪の毛が頭皮に生えている期間が極端に短い為、ボリュームが減り手櫛をした際などはとても軽く感じます。
通常成長期は2年~6年の期間ですが、AGAのヘアサイクルでは数ヶ月~長くて2年程で終了します。

■退行期
退行期は正常時同様、期間は2週間~3週間です。
この時期は細胞分裂の減少により、髪の毛の成長が止まり始めます。

■休止期
こちらも退行期同様、正常時と同じ期間の2ヶ月~3ヵ月になります。

以上が正常時とAGAのヘアサイクルの仕組みになります。
AGAのヘアサイクルでも退行期、休止期がそのままの期間になりますが、成長期が極端に短縮されヘアサイクルが“ミニマム化”されるのです。

正常な方でも1日50本~100本が自然に抜けると言われておりますが、同等数の量の髪が生えてくるので髪の毛のボリュームが減ることはないという事です。
しかし、AGAのミニマム化されたヘアサイクルでは、抜け毛も1日150本、200本と抜けます。
その為、徐々に頭皮のボリュームも減少してくるという事になります。
ヘアサイクルのミニマム化は、前述でもご説明いたしました通り、生活習慣乱れが大きな要因とされています。
“遺伝”によるヘアサイクルのミニマム化も十分におこりえます。
これらは、重症化してからのヘアサイクルの正常化は大変難しく、目視で確認できるほどに回復するにはかなりの時間と費用が掛かることが見込まれます。
AGAは“初期段階での治療”が最優先です。
『一度生えなくなった髪の毛は2度と生えません』
どんな治療を行っても今のAGA治療では、毛根を復活させることが出来ません。
「手遅れ」になる前に是非、AGA治療を行いましょう。

まとめ

AGAとは Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味で通称:AGA
主な原因は“遺伝”と“男性ホルモン”と言われています。
生活習慣などもAGAに関わる要因であり、その内容は様々ございます。
前頭部、頭頂部などの毛髪が産毛になったり、毛髪が細くなり、額の生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなってしまう事がAGAの主な症状になります。
AGA症状 ・抜け毛が見てわかる程に増えた
・フケが増えた
・頭皮が硬くなった
・頭皮の赤み、痒み
・ヘアスタイルがまとまりにくい
AGA check ・抜け毛の毛根 chenk 【抜けた髪の毛の毛根を確認】
毛根が膨らんでいない場合、乱れたヘアサイクル状態であり何かしらの異常が起きていると考えらる。

・頭皮環境 【頭皮の赤みや痒み、カサつきがないか確認】
頭皮環境の乱れで、健康で十分な髪が成長せずAGAが進行して、頭皮がむき出しになってきている。

・前頭部の生え際 【以前と現在の生え際の後退具合を確認】
指3本程の額の広さが今では4本くらいになったなど、明らかな後退はAGAの進行が見られます。

・毛髪の状態 【健康な髪であるか確認】
不健康な髪は、細々とコシがなく、ハリが無く柔らかく弱々しい髪質になる。
十分な栄養が行き渡らず、成長途中で髪が脱毛がおきる。

・寝起きの寝癖を 【寝癖の確認】
AGAである場合、毛髪のボリュームが失われ寝癖がつきにくくなる。
生活習慣の改善 髪の毛は人間の中でも栄養が回ってくる優先順位が最も低いので、偏った食事による栄養不足、暴飲暴食の様な食生活の乱れによる内臓の乱れは髪の毛に十分な栄養が行き渡りません
栄養素 睡眠
・蛋白質
不足すると“軟毛”の原因になります。

・ミネラル(亜鉛)
イライラなどの抑制する為、抜け毛・薄毛の対策になる。

・ビタミン
「毛髪の成長」「代謝の促進作用」「血流のの最良化」といった髪の毛には欠かせない栄養素。

・コラーゲン
“毛包幹細胞”を保護する役目があり、不足すると“毛包幹細胞”が押し出され、毛穴が収縮、毛髪が細くなり抜け毛の原因になる。

・イソフラボン
“悪玉ホルモン”を抑制する働きをもち、コラーゲン合成のサポートも担う。

・シスチン
薄毛・抜け毛の抑制に効果があります。

・メチオニン
外から摂取する事しかできません。
シスチン同様“硬質ケラチン”を生成する役割を果たす。
睡眠は、“レム睡眠”“ノンレム睡眠”という2つの睡眠によって構成されている。
睡眠の1周期サイクルは、『ノンレム睡眠が60~80分』『レム睡眠が10~30分』合わせて90~120分をという構成になっており、1度の睡眠でこのサイクルが3回~5回繰り返されます。
成長ホルモンが分泌されるとIGF-1が生成され、このIGF-1が育毛に際して必要な成長ホルモン。
目覚めの良い“良質な睡眠”を得るために、6~7時間半後に起床されると、良質で目覚めの良い睡眠につながる。
摂取しやすい食材や飲み物
肉・卵・牡蠣・納豆・ナッツ・野菜・豆乳・乳製品・緑茶・コーヒー
AGAの仕組み 男性ホルモンの“テストステロン”と頭皮に多く存在する“5α-リダクターゼ”という還元酵素が結合して生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変換され、頭皮の毛穴にある毛乳頭の受容体に結合するとヘアサイクルが乱れ、通常のサイクルよりも短縮され、数ヶ月~2年以内に成長が止まって脱毛が起きる。

主な原因
・遺伝、男性ホルモン
遺伝、男性ホルモンによるAGAは、“Ⅱ型5α-リダクターゼ”が多く存在する、前頭部、頭頂部で“テストホルモン”と結合しDHT(ジヒドロテストステロン)が生成がされやすく、AGAになるとされている。

・頭皮の異常
赤みや痒み、フケ、炎症、荒れなどの症状は頭皮に何らかの異常症状がみられる原因は様々。
必要な栄養分は、毛細血管を通って送られますが、その毛細血管に”循環不良”が起こっている可能性があり。

・生活習慣
DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を助長し5α-リダクターゼが多く存在する、前頭部、頭頂部のヘアサイクルがミニマム化されます。
ヘアサイクルの仕組み 正常 AGA
・成長期
2年~6年かけて毛母細胞が分裂を繰り返し毛髪が成長 数ヶ月~2年程で成長期が終了
・退行期
毛母細胞の分裂が徐々に減少して、成長が止まり始めます。
・休止期
毛髪の成長が完全に止まり毛髪が頭皮の表面に押し出されてやがて抜けます