シアリスジェネリックの効果・副作用・服用方法

EDセルフ診断はこちら

シアリス(タダラフィル)のジェネリックとは

シアリスのジェネリック医薬品は、先発薬のシアリスと同成分「タダラフィル」が含有されているED治療薬です。
先発医薬品のシアリスと製薬メーカーは異なるものの成分・効果は同等のものです。

シアリスの先発薬は、世界で3番目のED治療薬としてとしてイーライリリー社(本社:アメリカ)から販売されました。 先発薬と同様「通称:Weekend Pills(ウィークエンド ピル)」という呼び名で、海外からの需要も高いED薬です。

呼び名の由来は、金曜日の夜に服用して、日曜日の朝まで効果が持続することから、この呼び名で呼ばれるようになりました。

ED治療薬の中で世界シェアNO.1を誇るシアリスですが、今やジェネリック登場により、その需要率は加速を増すばかりです。

シアリスジェネリックの効果・特徴

有効成分「タダラフィル」は、陰茎海綿体の血管を拡張し血流を良くする効果があるため強い勃起力が期待できます。

性的興奮を高める効果ではなく、性的興奮や刺激に反応し勃起を起こします。

服用から、1時間~3時間程度で効果が作用し始めます。
効果は成分量で異なり、10mgで20~24時間、20mgで30時間~36時間にわたり作用します。

作用時間が長く、緩やかに長時間効果が感じられます。

他のED治療薬に比べ、副作用が現れにくいもシアリス(ジェネリック)の特徴です。

また、上記でもご説明の通り、最大36時間持続することがもシアリスの大きな特徴です。 服用のタイミングに困らないのは、使用される患者様にとって使い勝手の良いED治療薬でしょう。

ED治療薬を使用される方が皆さん気になされるのが副作用です。
副作用が気になってED治療薬を服用できなかった方や初めて使用される方で副作用が心配、ご不安になられる方は決して少なくありません。

シアリスはそんな方にも服用しやすいED治療薬と言えます。

ED治療薬の中で最も食事の影響を受けにくいことで、焦りやプレッシャーを感じない新たなED治療薬です。

効果や勃起力の強さは、他のED薬と比べると衰えます。

ED治療のデータ上、シアリスは硬さや勃起力の強さは比較的緩やかになりますが、「シアリスが一番効果を感じられる」という方が多くいらっしゃいます。

国内外で多くの臨床試験が行われており症状によって異なりますが、70~85%程で効果が有効とされています。 ED治療薬は年齢や手術の後遺症などで治療薬を飲んでも改善されない場合がございます。

シアリスジェネリックの見た目と種類

先発医薬品のシアリス(製薬会社:イーライリリー社)の見た目は、薄い黄色の錠剤になります。

シアリスのジェネリック医薬品は、多数の製薬メーカーが製造しているためにそれぞれ錠剤の形や色は異なります。

当院で処方しているシアリスジェネリックはオレンジ色の楕円形の錠剤になります。

先発薬とジェネリック医薬品の違い

処方される医薬品には、【先発医薬品】と【後発医薬品】の2種類があります。
(先発医薬品は新薬、後発医薬品はジェネリック医薬品とも呼ばれています。)

先発医薬品とは最初に販売されたお薬で、後発薬は先発医薬品の特許期限が切れた後には販売される医薬品になります。

同じ成分なので同等の効果が得られますが、ジェネリック医薬品も方が研究費用なども掛かっていないため値段が安いことが特徴です。

関連記事

ジェネリック医薬品について

他のED治療薬と同様、PDE-5という酵素の働きを抑え血流を良くすることにより勃起を促す効果があります。

有効成分「タダラフィル」は、食事の影響の受けにくさと最大36時間の効果時間があり他のED治療薬に比べ使用しやすさが特徴的です。

※食事の影響も受けにくくなっていますが、効果を最大限に実感するためにはやはり空腹時の服用が推奨されています。

ED治療薬を最大限引き出す

シアリスジェネリックは、が先発薬同様の効果や副作用がある事はご理解いただけたと思います。

ED治療薬のデータでも7割~8割の治験者に効果がありましたが、残りの2割弱の方には何が原因で現れなかったのか?

原因1.後遺症

事故や疾患治療のための手術が原因でEDを引き起こすことがあります。

この場合、ED治療薬による改善は見込むことが大変難しい事例と思われます。

原因2.薬剤

現在服用している薬が影響してEDを起こすことがあります。

EDの原因となりうる薬剤 薬剤名
ホルモン剤
  • ・エストロゲン製剤
  • ・抗アンドロゲン薬
  • ・5α還元酵素阻害薬
  • ・LH-RHアナログ
  • 精神神経薬
  • ・麻酔
  • ・向精神病薬
  • ・抗うつ薬
  • ・催眠鎮静薬
  • 降圧剤
  • ・β遮断剤
  • ・利尿剤
  • ・Ca拮抗剤
  • ・交感神経抑制薬
  • 呼吸器官・アレルギー用剤
  • ・プソイドエフェドリン
  • ・ステロイド剤
  • ・抗ヒスタミン薬
  • ・テオフィリン
  • ・β刺激薬・抗コリン薬
  • 抗潰瘍薬
    • ・スルピリド
    • ・メトクロプラミド
    • ・シメチジン
    脂質異常症治療薬
  • ・スタチン系
  • ・フィブラート系
  • 循環器系薬剤
  • ・不整脈治療薬
  • ・利尿剤
  • ・降圧剤
  • ・血管拡張剤
  • ・高脂血症用剤
  • 消化管系薬剤
    • ・消化性潰瘍治療薬
    • ・麻酔薬
    • ・抗コリン薬
    • ・鎮けい薬
    末梢神経に作用する薬剤
  • ・筋弛緩薬
  • ・麻酔薬
  • ・抗コリン薬
  • ・鎮けい薬
  • 中枢神経系薬剤
    • ・抗精神病薬
    • ・抗けいれん薬
    • ・抗うつ薬
    • ・消炎鎮痛剤
    • ・睡眠薬などの向精神薬
    • ・解熱

    原因3.栄養不足

    精力や精子の生成には栄養は不可欠ですが、これは陰茎の勃起にも大きく関与してきます。

    栄養不足が直接的に陰茎に及ぼすこともありますが、何よりも栄養が行き届かないことで、性欲が湧かないため、性的欲求が満たされず陰茎が勃起しないことがあります。

    また、栄養をバランス良く摂取することでEDが改善されることもあります。

    ではどんな栄養素が必要なのか?

    たんぱく質とビタミン

    男性の勃起と精液には『たんぱく質』『ビタミン』が必要不可欠です。

    男性の一人暮らしや、外食などはどうしても好きなものに偏ってしまい、その中でも『脂質成分』を多く摂取してしまうなどで、栄養のバランスが悪くなりがちです。

    大豆食品(納豆、豆腐、きな粉など)や野菜を多く摂りましょう。

    牡蛎やレバー類に含まれる『亜鉛』『ビタミンB群』 は、精液の生成に重要な栄養素です。

    シアリスジェネリック保険適用

    先発薬のシアリス同様、ジェネリックでも、2022年4月1日より、不妊目的に限りシアリスの処方に健康保険が適用になりました。

    ED関連記事

    シアリス・バイアグラ保険適応へ

    通販より安心安全の正規品保障

    ED治療薬に限らず、個人輸入代行による処方薬の購入は大変危険です。

    価格の安さから安易に入手しやすい方法ではございますが、健康被害に見舞われ、「医薬品副作用被害救済制度」が適用されない事が予測されます。

    ED治療薬服用後の「腹上死」心臓停止による「突然死」の報告は未だなくなりません。

    海外の製薬会社は、『バイアグラなどのED治療薬による死亡の関連性はない』としています。

    医薬品副作用被害救済制度について

    医薬品、特に処方が必要な処方薬は市販薬と異なり、含有成分が多い分副作用が出る確率が高くなります。
    そのため、どんなに正しく副作用しても副作用が出てしまうことがあります。

    そこで、国(政府)から補助金として支援されるのが、医薬品副作用被害救済制度です。

      医薬品副作用の健康被害における概要

    • 医薬品の性質上、副作用には防止しえないものがあります
    • 訴訟による解決には長時間を要します
    • 製薬企業に過失があった場合、過失を証明することは容易ではありません
    • 被害と医薬品使用との因果関係を証明するまでに、専門的な知識と膨大な時間、それに要する費用が
      必要となります
    • 副作用による被害は、現行の過失責任主義のもとでは民事責任が発生しません
    • 製薬企業には安全で且つ、有効な医薬品を適切な供給を図るという社会的責任があります

    この医薬品副作用被害救済制度は、健康被害にあった全ての方に適用されるものではありません。

      医薬品副作用被害救済制度の適用外

    • 請求期限が経過した場合
      【入院治療が必要な医療を受けた場合】5年以内
      医療手当=請求に関わる医療が行われた翌月の最初(初日)の医療から
      医療費=医療費の支給の対象となる費用の支払いが行われた時から
      【死亡した場合】5年以内
      ※障害年金や医療費、手当または、障害児養育年金の支給の決定があった場合は、2年以内
    • 不適正な目的、方法などにより使用した場合
    • 対象除外医薬品による健康被害の場合
    • 法定予防接種を受けたことによるものの場合
    • 製造販売業者など、他に損害賠償の責任を有する者が明らかな場合
    • 健康被害が入院治療を要する程度でない場合
    • 日常生活が著しく制限される程度の障害でない場合
    • 救命のためにやむを得ず、通常の使用量を超えて使用したことによる健康被害であり、
      その発現が予め認識されていた等の場合
    • 他、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会における、医学的薬学的判定において認められなかった場合

    オンライン診療

    オンライン診療なら、オンライン上で医師が診察を行い、最短で翌日に薬をお届けできます。

    処方薬は、厚生労働省から許可を得た医薬品なので、安心・安全にご使用いただけます。

    オンライン診療は、端末機器(携帯、PCなど)を用いて行えるので、場所問わず受診が可能です。

    また、当院のオンライン診療から処方まで24時間体制で行っております。

    ED関連記事

    EDオンライン診療について