バイアグラジェネリックの効果・副作用・服用方法

EDセルフ診断はこちら

バイアグラジェネリックの効果

バイアグラジェネリックは、ED治療薬のなかで、最も有名なバイアグラと同じ有効成分クエン酸シルデナフィル(シルデナフィル)が配合されており、効き方・安全性・品質・作用・効果がバイアグラと同等のED治療薬です。

服用することで、主成分のシルデナフィルが陰茎海綿体の血管を拡張させて血流・血行を促進改善する他にも、勃起に必要な酸素GMPの逆酸素PDE5を抑制することで、本来あった力強い勃起力を蘇らせてくれます。

最近勃起しても完全な勃起状態にならない方、性行為中に興奮が無くなり中折状態になってしまう方、完全に勃起しなくなった方に絶大な効果があります。

バイアグラジェネリックは、バイアグラのジェネリック医薬品として、生物学的同等性試験や溶出試験・安定性試験など、数ある厳しい試験をクリアし、ジェネリック医薬品として発売が許可されたED治療薬になりますので、安心してご使用いただく事が出来る治療薬になります。

バイアグラジェネリックの見た目と種類

先発薬のバイアグラはひし形でブルーの錠剤になりますが、バイアグラジェネリックは各製薬会社により色や形状が異なります。

バイアグラジェネリックの色・味・薬の形状・添加剤などで、飲みづらい薬を飲みやすくしたり、安定性が高められているのが、ジェネリック薬品の良いところになります。
規定としてどの場合も、薬の効き目や安全性に影響しない範囲と定められています。

バイアグラジェネリックの国内正規各種

剤型 製造・販売メーカー
丸いブルー系 東和薬品株式会社
楕円ブルー系 株式会社陽進堂・あすか製薬株式会社
ひし形ブルー系 富士化学工業株式会社
丸いピンク系 大興製薬株式会社・大興製薬株式会社・辰巳化学株式会社・シオノケミカル株式会社・武田テバファーマ株式会社

海外のバイアグラジェネリック医薬品の一覧

  • カマグラゴールド
  • カマグラゼリー
  • バイスマ
  • センフォース
  • ゼネグラ
  • エリアクタ
  • ピーフォースフォート
  • ノボシル(ODフィルム)カマグラ発泡錠
  • カマグラチュアブル
  • カマグラPOLO 等


※日本国内で販売されているシルデナフィルの成分量は、25㎎、50㎎の2種類ですが海外製のシルデナフィルの成分量は100mgが主流で販売されています。

バイアグラジェネリックの特徴

1998年にアメリカで発売されたバイアグラですが、バイアグラ登場後は、レビトラやシアリス・ステンドラといったバイアグラ以外のED治療薬が発売されていますが、各ED治療薬のジェネリック含めてもシルデナフィル(バイアグラ)の勃起力は高く評価されています。

バイアグラは勃起力、レビトラは即効性、シアリスは持続時間、ステンドラはオールマイティーというような感じで、発売から20年以上経った今でも勃起力ではバイアグラを凌ぐED治療薬は未だ開発されていません。

ED治療薬として世界で初めて開発・販売されたバイアグラは、その歴史は古く、ED治療薬の中でジェネリック医薬品が最も種類豊富で、ゼリー状の物からフィルム状の物まで、さまざまな形状の内服薬が各製薬会社より発売されています。
種類が多いのは、バイアグラジェネリックの特徴のひとつです。

錠剤以外のバイアグラジェネリックは、同じ有効成分でありながら効果の現れ方が異なります。

同じバイアグラジェネリックでも、水無しで服用し口内でフィルムを溶かして口腔粘膜吸収させることで、食事の影響を受けにくく改善されたタイプのバイアグラジェネリック。
ゼリータイプのバイアグラジェネリックは錠剤よりも、即効性に優れていたりと、EDジェネリック医薬品の中でも効果の現れ方がそれぞれ異なります。

バイアグラジェネリックの用法・用量

バイアグラジェネリックは、水又はぬるま湯を用いて、1日1回性行為の約1時間前に服用して下さい。

ジュースやお茶でも服用は可能ですが、脂肪分が含まれる乳飲料は、シルデナフィルの吸収を抑え、効果が弱くなる場合がありますのでお控えください。

投与間隔は24時間以上です。
24時間以内の連続投与や、1度に複数錠の服用は、生命の危機に関わってくる場合があります。
決して自己判断で間違った服用はおやめください。

主成分のシルデナフィルは食事やアルコールなどに影響を受けやすいため、なるべく空腹時に服用するようにして下さい。
バイアグラの効果を最大限発揮するため、空腹時に服用する事を推奨しています。

バイアグラジェネリックの注意事項

バイアグラジェネリックのED改善の効果は高く、正しい用法・用量で服用することで安全に使用できる医薬品です。
ただし条件によっては、服用ができない方や、併用注意・禁忌な成分がありますので、服用前には必ず確認してから服用してください。

バイアグラジェネリックを服用できない人

主に以下の条件に当てはまる方は、バイアグラジェネリックの服用に注意が必要です。

  • シルデナフィルにアレルギーのある方
  • 心臓・血管に障害があり、性行為が不適当と医師に診断された方
  • 最小血圧50mmhg未満、最大血圧90mmhg未満の低血圧と診断された方
  • 最小血圧100mmhg以上、最大血圧170mmhg以上の高血圧と診断された方
  • 重度の肝機能障害のある方
  • 脳梗塞・脳出血・心筋梗塞に6か月以内の既往歴がある方
  • 併用禁忌・注意薬を現在投与中の方

これらの条件に該当する方は、医師の判断が必要になります。
服用の際は気を付けいただく必要がございます。
その他、バイアグラ及びバイアグラジェネリックは、未成年者の服用も適用外です。

バイアグラジェネリックの併用禁忌

医薬品には併用禁忌があり、併用することで作用の減弱、副作用の増強などを引き起こしてしまうため、併用禁忌の規定が定められています。
バイアグラジェネリックの併用禁忌にはこちらになります。

  • 不整脈の薬の一部
  • アンカロン 等
  • 肺高血圧症の薬の一部
  • アデムパス(リオシグアト)
  • 硝酸剤、NO供与剤(ニトログリセリン・亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド)
  • アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)
  • sGC刺激剤(リオシグアト/アデムパス錠)

降圧作用が増強・QTc延長作用が増強する恐れ・低血圧症を起こす場合がある為、バイアグラジェネリック(シルデナフィル)は使用できません。

併用注意薬

併用注意は一般的な薬剤の場合、併用に注意を払う程度で取り扱えば良いとされています。

  • チトクロームP450 3A4阻害剤(リトナビル、ダルナビル、サキナビル、シメチジン、ケトコナゾール、エリスロマイシン、イトラコナゾール等)
  • 3A4誘導薬(ボセンタン、リファンピシン等)
  • α遮断剤、降圧剤、急性心不全治療剤(アムロジピン、ドキサゾシン等)
  • α遮断薬:高血圧や前立腺肥大の治療薬の一部 (以下、ハルナールからレギチーンまで主なα遮断薬)
    ハルナール、 カルデナリン、ハイトラシン、アビショット、デタントール、ミニプレス、ユリーフ、 ドキサゾシン、フリバス、ダウナット、トラブゾン、 イセプレス、テラゾシン、エブランチル、レギチーン 等
  • 降圧剤全般:アムロジン、ノルバスク 等
  • 急性心不全治療剤:カルペリチド

バイアグラジェネリックの副作用

バイアグラジェネリックは非常に安全性が高い医薬品ですが、副作用は、医薬品全てに発現の可能性があります。
バイアグラジェネリックも副作用が現れます。
といっても、重度の副作用はほぼなく、軽度の副作用ですのでご安心頂ければと思います。

副作用の主な症状は、バイアグラジェネリックの有効成分であるシルデナフィルの血管拡張作用によるものが多くあらわれます。

顔のほてり・鼻づまり・顔が赤くなる・目の充血・目眩・血圧低下・動悸・頻脈・胸焼け・消化不良・下痢などの症状が等があります。

ほとんどの場合、軽度のほてり・鼻づまり・顔が赤くなる・目の充血の症状で、時間の経過やペニスに血液が集まることで、副作用の症状は緩和されていきます。

バイアグラが日本国内で承認された時と海外で行われた時の臨床試験データをまとめてみました。

日本国内臨床試験データ

157人中、65人(41.40%)の方に副作用か検査値異常が認められました。

ほてり 17人(10.83%)
頭痛 17人(10.83%)
CK(CPK)増加 9人 (5.73%)

海外臨床試験データ

823人中、261人(31.71%)の方に副作用か検査値異常が認められました。
こちらは、主な副作用です。

ほてり 125人(15.19%)
頭痛 109人(13.24%)
消化不良 28人 (3.40%)

バイアグラジェネリックの副作用はほとんどが軽度症状ですが、稀に重度の副作用も現れる可能性があります。

なにか異常が認められた際は、服用を中止し改善を待ちましょう。
ED治療薬としての効果時間(バイアグラは最長で5時間)を過ぎても副作用が治まらない場合は、早急に担当の医師または薬剤師に相談してください。

バイアグラジェネリックの極めて稀な重度の副作用を以下にまとめました。

急激な血圧低下

同様の血管拡張作用を持つ硝酸薬などを使用した場合や、過剰摂取で血圧が通常よりも下がりすぎてしまった場合、命を脅かす危険を招く場合があります。

アナフィラキシーショック

バイアグラジェネリックの有効成分に対してアレルギー反応を起こした場合、大変危険です。
気持ち悪い、冷や汗、顔面蒼白、手足の冷え、手足の痺れ、じんましん、全身発赤、顔の腫れ、喉の腫れ、呼吸困難、目眩、血圧低下、意識が遠のくなど
※その他異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受診して下さい。

勃起持続症(プリアピズム)

一度もおさまること無く、4時間以上勃起が続くと痛みがではじめて陰茎が損傷してしまいますので、勃起が収まらない場合は早急な病院の受診が必要になります。
こちらもバイアグラの過剰摂取が引金となる場合がございますのでご注意下さい。

重度な副作用の発生率は低いですが、用法や用量を間違えると生命に危険を及ぼす重篤な副作用が発生する恐れもございます。
異変を感じた場合は、直ぐに医師の診察を受け指示に従いましょう。

バイアグラジェネリックの作用

作用機序

有効成分のシルデナフィルには、勃起を抑える働きがある5型ホスホジエステラーゼ(酵素PDE-5)の活性を阻害する働きがあります。

三大ED治療薬のバイアグラ以外のED治療薬である「レビトラ」の成分バルデナフィル、「シアリス」の成分タダラフィルも同じPDE-5阻害する働きがあり、これらを総称して「PDE-5阻害剤」と呼ばれています。

性的刺激を受け興奮した男性は、脳から陰茎へ神経を通じて勃起するよう信号・命令を送ります。
それにより陰茎海綿体と言われる陰茎内部にある、言わば血液を貯留するダムのような器官に入る血液の量を制限していた平滑筋が弛緩することで血液が流れこみ陰茎が硬くなります。

その平滑筋を緩ませる役割をしているのが環状グアノシンーリン酸(cGMP)という物質になり、この「cGMP」という物質を分解する「PDE-5」という酵素も存在していて、両者のバランスによって勃起をしたり、勃起を静めることが成り立っています。

PDE-5が活性すると、血管拡張作用のあるcGMPを分解してしまうので、血管の収縮により、ペニス内に血液を集めることができなくなり、勃起が静まってしまいます。

通常時、性的興奮が治まるのは、血管内のPDE-5が優位な状態ということでED(勃起不全)の症状になると、性行為の最中や性的興奮を得ていてもPDE-5が優位な状態になり、勃起の維持が困難になります。

バイアグラジェネリックの有効成分シルデナフィルでPDE-5の活性を抑えることが出来るので、血管内のcGMPが優位になり勃起を維持できるようになります。

作用時間

体質や服用状況によって効果が現れるまでの時間は異なりますが、おおよそ30~60分前後で効果を発揮します。 その後、約5時間ほど効果が継続します。

継続時間は個人差や服用時のコンディションなどにもよりますが、アベレージでも4時間程の継続時間はあります。

この継続時間内であれば、性的興奮により勃起が促されます。

あくまで性的興奮により勃起が促されるので性的興奮がなければ通常時の状態で維持されます。

よくある質問

Questionアイコン

バイアグラジェネリックは種類が多いですが、効果は同じでしょうか?

A

バイアグラジェネリックは効果は同じです。種類は関係なくジェネリックであれば主成分が同じになりますのでどれも効果は同じになります。

Questionアイコン

ジェネリックによって価格が違ますがどうしてですか?

A

価格が違うのはメーカーによって販売価格が違うだけになります。

Questionアイコン

バイアグラジェネリックを使うメリットはなんでしょうか?

A

ジェネリックを使うメリットで一番は価格ではないでしょうか、先発薬の4分の1程度の価格で購入できますので非常にお得に購入が出来るます。